【日本人なら誰もが知っている名曲?!】最近『中国』で流行っている「日本の歌」4選!

中国

 

ニハオ〜〜!🇨🇳🐼

中国人のシェリーです〜〜!

 

実は私は、平日にも関われず友達とカラオケに行く程、音楽を聞いたり歌ったりすることが大好きなんです!

最近では中国に帰った時に、友達とカラオケに行ったら、日本の曲を歌う友達が多くなってきました!

中国のショッピングモールで流れている曲も日本の歌だったりもします。

そこで今回は『最近中国で流行っている日本の歌』を4曲紹介します!

 

1.  Lemon [米津玄師]

 

今日、たまたまTwitterで見かけたのですが、DAM年間カラオケランキング調査で米津玄師の「Lemon」が今年最も歌われた曲に当選されました!おめでとうございます(笑)

最近「Lemon」は中国でも大人気です!

ドラマ「アンナチュラル」が中国の若者の中で大人気で、このドラマが人気になるに連れて、主題歌の「Lemon」も大ヒットしました。

「アンナチュラル」のあるシーンで「Lemon」が流れた時には、私は何回もそのシーンを見直しながら泣いていました(笑)

 

2.  恋 [星野源]

 

「新垣結衣」は日本で大人気女優ですが、中国でも日本に劣らず大人気なのです!

彼女が主演を務めるドラマ「逃げるは恥だが役にたつ」は中国でもかなり人気!

「Lemon」と同じ理由でドラマの主題歌として「星野源」の「恋」が中国で大ヒットしました!

また、恋ダンスもめっちゃ可愛くて、何人かの中国人の友達も踊っていました(笑)

3.  Planet [ラムジ]

2006年日本でリリースされた曲ですが、今年中国で有名になりました。

特に日本料理店でよく聞かれています、理由はこの曲が中国版のTick Tokの動画でBGMに使われているから。

この「Tik Tok」が有名になればなるほど、この歌も世界に広まってきました!

4.  打上花火 [米津玄師&DAOKO]

菅田将暉と広瀬すずは「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の声優を務めていて、かなり注目されました!

この映画の主題歌も、前に言った曲と同じ様に注目されました。

また中国では空気汚染を防ぐために、多くの街は花火が禁止されています。

そのためこの前の日本の花火大会、特に夏の時は、中国のSNS上でかなりの話題になりました!

ネットで「羨ましい」・「綺麗だね」などの声が多く見られました。打ち上げ花火をBGMにして、日本の花火大会の映像が多く投稿されています。

最後に!

 

以上、「最近中国で流行っている日本の歌」を4曲紹介しましたが、日本人であれば誰もが知っているであろう歌でした!

なるべく中立に書いているつもりですが、多少、趣向が入っているかもしれません(笑)

これからもまた機会があれば、中国に関連する歌についての記事を書こうと思います!

読んでくれてシェイシェイ〜〜🐼🇨🇳