文章での”笑いの表現”は日本で「www」と書くが、世界ではどんな文字を書いて表現する?

全世界




 

こんにちは、代表のかずきです🇯🇵

今回はコレについてです!

越智編集長
代表って文章下手だよね!www

 

そう、”越智編集長”がぼくに言っていた「www」などの文章における「笑い」の表現の仕方(世界編)です!

韓国での笑いの表現の仕方は「ㅋㅋㅋ」

 

韓国人の友達がいる人や韓国に興味がある人は、見たことがある『ㅋㅋㅋ』文字。

最初これ見た時にローマ字の「F」と勘違いする人がいますが、それは逆向きです。ㅋㅋㅋ

 

「ㅋㅋㅋ」の他にもㅎㅎㅎ』があります!

これら両方、笑い声の小文字だけを使ったのですが、使い方がちょっと違います。

「ㅋㅋㅋ」はウケると似ている意味で、「ㅎㅎㅎ」は自分の気持ち良さを表現するために使ったりします!

 

中国では「哈哈哈」

 

中国では、文章での笑の表現を『哈哈』と表現します!

この『哈哈哈』は、英語圏で使われる「hahaha(笑笑)」に近い意味です。

一番ポピュラーな表現の仕方なので、一度は見たことがあるかもしれません!

 

そして、『哈哈哈』の他にも『呵呵呵』と表現することもあります。

この場合は、英語でいうところの「hehehe」に近い意味で使われ、これは女性の「ほほほ」って感じ。

そして中国では、これらの他にも『233』『XD』などの多くの笑いに関するインターネトスラングが存在します!

アメリカでは「hahaha」

 

みなさんご存知の様に、アメリカでは笑った時の音をそのまま使った感じの『hahaha』が使われます!

それ以外にも「lol」だったり「lml」だったりと多くのインターネットスラングがあります。

※『lol』は「Laughing Out Loud」の略で、「声を立てて笑う」という意味です。

※『lml』は「Laughing Mad Loud」の略で、「声を大にして笑う」という感じ(日本語で言う”爆笑”)。

アメリカでは地域や年代によって使われる表現が、かなり違ってくるのが特徴的です!

 

タイでは「5555555」

 

この国を取り上げた理由は、何とも奇抜な表現の仕方だったからです!

タイでの「www」は『5555』と表現します!

 

ここで皆さんはきっとこう”ググる”はず。

「タイ 555 意味」

その気持ちはめっちゃ分かるので、ここで簡単に説明しちゃいます!

 

タイでは5を『ห้า(ハー)』と発音します。

その(ハー)という音が「hahaha」の音と似ているため、「5」が使われる様になったそうです!

本当に簡単な説明でごめんなさい!5555

 

ブラジルでは「rsrsrs」

 

日本から遠く離れた南米の「ブラジル」を見てみましょう〜!

ブラジルでは、文章での笑いを『rsrsrs』と表現します。

これは日本語での「クスクス(kkk)」に近い意味で使われます!

 

けど一体何で『rsrs』と表現するのでしょう?

 

それはブラジル(ポルトガル語)では、英語の”laughs”にあたる単語がポルトガル語で”risos”という単語だからなんです!

この”risos”という単語を略して「rs」と表現します。

 

その他の国の文章での笑いの表現は?

 

その他の国の文章での笑の表記を見てみましょう〜!

  • イタリア➡︎『ah ah』
  • フランス➡︎『mdr』
  • スペイン➡︎『jaja』
  • スウェーデン『asg』
  • フィリピン➡︎『jeje』
  • インドネシア➡︎『wkwk』
  • ベトナム➡︎『haha』
  • ロシア➡︎『xa-xa」

 

などなど、世界には数多くあります!

海外に友達ができた時に、これらを使いこなせると相手の心を掴むことができるかも?!

 

文章での笑い表現」まとめぇ〜

 

今回は「韓国・中国・アメリカ・タイ・ブラジル」の5ヶ国の『文章での笑いの表現』を主に紹介しましたが、世界には、これら以外にも数多くの表現方法があります!

この様に、言語は難しい文法から学ぶよりも、スラングなどの「文化」から習得していった方が取っ付きやすいかもしれません!

 

母語、または自分の興味のある国での『文章での笑い表現』は、どんな表現方法をしますか?

 

もしあれば、是非ぼくに教えてください!

そして関連記事も読んでね⬇︎