【これは日本だけ?!】「サービス残業」という言葉は世界にあるのだろうか?

日本




 

こんにちは、ライターの「一」(カズ)です!

こんな変わった大学に在学していると、外国人留学生から「ニホンゴオシエテ!」といわれます。

敬語や接続詞など色々なことを聞かれるのですが、直近の質問は「MANGA」や「OTAKU」などの『英語でも通じる日本語』でした!

カズ
日本も注目されるようになったなぁ‥

なんて感心しながら聞いていると留学生が

「この『KAROSHI(過労死)』ってなに?」

と一言。戸惑いながらも

「働き過ぎて死ぬことだよ~」

なんて説明すると留学生は驚愕…「僕の国だったらあり得ないよ!」と真剣に話されました‥

話を重ねていく上で、まず海外では過労死の原因である「残業」があやふやみたい。

そんなこんなで今回は「残業」または「ザービス残業」についてまとめていきます!

【外国人にアンケート】「日本語」が「英語」になった世界で知られているコトバTOP5!

2019.01.14




残業にも種類がいくつかある!

 

皆さんは、「残業」と「サービス残業」の違いを説明することができるでしょうか?

簡単に説明すると、

「残業」とは、”残業手当(給料)が発生する規定勤務時間外の仕事”

「サービス残業」とは、”残業手当(給料)が発生しない規定勤務時間外の仕事”

 

ということになります。

他にも”やる気がある人間と低賃金で雇用する”「やりがい搾取」など日本特有の言葉は数多く存在します!

海外は、どのような働き方なのか

 

皆さんは「海外の人はそんなに働いていない」というイメージを持っていませんか?

 

先日、この「残業」についてアメリカ人の友人に、

「アメリカ人ってどのくらい働いてるの?残業ってあるの?」

と聞いてみたところ

あるよ!ただ家に帰ってからすることが多いかも。

と意外な回答が..!

 

アメリカでは割と残業は一般的で高所得者になればなるほど残業をしているケースも多くなるようです!

そして当然ではありますがちゃんと残業手当も支給されるようです。

日本では働きたくないという意見もあった

 

逆にノルウェー人の友人に同じ質問をしてみると

「ないね。日本では働きたくないなぁ‥」

という意見が返ってきました。

 

私の友人の個人的な意見ではありますが、北欧では”残業”をするケースは少ないようです!

ノルウェーなどの北欧では仕事以外の「プライベート」な時間を大切にする傾向が強いです。

休みの取り方も幅が広く「他の月に多く働いて、夏に二ヶ月間一気に休む」と言ったような事例も多いんだとか。

その休暇を利用して、家族や恋人と海外旅行に出かけるそうです。

カズ
話は変わりますが、北欧では「上下関係」というものはほとんどなくその友人も自分の上司に向かって「タメ口」で話しているみたいですw

言語から見る「サービス残業」

 

『カルチャーshock!』の記事を読んでいる人なら分かるかも知れませんが、海外の文化を知るためには言語について調べると分かりやすいことが多くあります。

「残業」を英語でなんて言うのか皆さんはご存じですか?

さまざまな例がありますが、残業はovertime work』というのが主流だそうです。

では「サービス残業」は?

となっている皆さん!

私も気になって辞書を引いてみたのですが「サービス残業」に関する英語は存在しませんでした!

自分の持っている辞書が少し古いので出てこなかっただけかもしれませんが、仮にこれが最新の辞書でもないのだとすれば「英語圏」の国には「サービス残業」という概念が存在しないのかも知れません。

 

過労死の原因「ブラック企業」

 

「残業」もしくは「サービス残業」と聞いて多くの人は「ブラック企業」のことを連想します。

日本特有の「ブラック企業」という言葉ですが、海外には存在するのでしょうか?

結論から言うと低賃金で長時間労働を強いるような企業は海外にもたくさんあります!

韓国などは日本に匹敵するか、それ以上の時間を日本よりも低賃金で働かされることも少なくないようです。

まだ、人種差別を行うような企業は海外には多く日本とは違った働きにくさがあるかも知れません!

 

今回のまとめ!

 

「日本で働きたいですか?」という質問に対して「働きたい!」と答える外国人留学生の数は少なくありません!

しかし、私が質問している留学生は「日本に来ている」ということを忘れてはいけないと思います。

逆に考えて、日本文化に関心があり興味があり、日本語の勉強を頑張っている外国人留学生に「日本で働きたい!」と言わせることができないようであれば、日本社会に問題はまだまだ山積みです!

ここ最近、外国人労働者の自殺が頻繁にニュースで取り上げられます。

日本人に比べて低賃金で雇うことができる外国人労働者は企業にとっても魅力的ですが、こういったニュースを見ていると「ぞんざいに扱っている」という印象を抱かざる負えません。

【グローバル化】とは外国人を日本に呼ぶことではないと思います。

話がそれましたが、今日はこの辺で!