「日本」と「インド」のマクドナルド(McDonalds)における4つの違い!

インド




インドと日本の「マクドナルド」における4つの違い!

 

ナマステ〜!

インドに留学中のユーマです。

世界中にフランチャイズを構えるマクドナルド。

1996年にマクドナルドが96カ国目として選んだのが、インドなのです!

さてそんなインドのマクドナルドは、日本と大きく異なる点がたくさん存在します。見てみましょう!

① べジとノンべジ

インドに詳しい方はご存知かもしれんませんがインド料理にはベジタリアン(菜食主義)とノンベジタリアンのための食事が存在します。

レストランでは常に、べジかノンべジのメニューがあります!

マクドナルド(McDonalds)も同じです。日本では、聞いたことない概念ですよね。

日本にないメニューの例としては、パニール(水牛からできるチーズ)バーガーなどです!

インドでの”機内食”時に『Vege or Non Vege』って聞かれるけど、ベジとかノンベジって何?

2018.12.10

② マハラジャマック!?

 

「マハラジャマック」と呼ばれる商品がインドのマクドナルドにはあります。

結論から言うと、日本のマクドナルドの”ビッグマック”的存在になります!

マハラジャマックには、「ノンべジ・べジ」の二つが存在し、「ノンべジ」はチキン、「べジ」はコーンやニンジンの入ったコロッケがサンドされています。

マハラジャは、インドの王様を指す称号であり、マクドナルドのメニューの中でも1番ボリューミーなこのメニューだからこそ、この称号があるのではないでしょうか!

③ 黒字化に22年かかった!?

 

意外と知られていないのが、マクドナルドのインドでの苦戦。

実は、インドでのフランチャイズの契約がうまくい進まなかったこと、ロジスティクス(運搬)が整備されていないことが原因による、不安定なサプライチェーンでした。

「ハンバーガーの原料が届かないため、本日はハンバーガーを提供できません」という事もあったようです。

ユーマ
日本ではありえないですよね!(笑)

④ ソフトツイストだけを売る店が存在する?

 

インドのモールでよく見る光景の1つが、マクドナルドの店舗とは別に「アイススタンド」が、映画館の近くに設置されています!

モールでも、マクドナルドのソフトツイストを食べ歩いている家族を多く見受けられます!

ユーマ
日本では、ソフトツイストも店舗でオーダーしますね!

今回のまとめ~!

 

日本で当たり前のように存在するマクドナルドも、インドに行けば珍しいものになります。

実際、メニューは日本で見たことないものが多く、またインド人が好みそうなスパイシーなメニューも多めです!

海外に行く際は、現地のマクドナルドを見てみるのも楽しいかもしれませんね!

【SNSで話題】アメリカ人なら誰もが知っているハンバーガー店『In-N-Out Burger』とは?

2018.12.10