【インド】で『日本のアニメ』は受け入れられているのだろうか?

インド

「日本のアニメ」はインドで人気なのか?

 

ナマステ〜!🇮🇳

インドに留学中のユーマです!

 

東南アジアの友達ができると、よく日本のアニメの話してくれます。

「ナルトを観て育ったんだ」「ドラえもん観るようになって日本語の勉強をはじめた」などなど、日本のアニメ文化がすぐそこに存在している気がします。

さて日本の文化自体が知られていないインドで、日本のアニメはどれくらい認知度があるのでしょうか?

コスプレイベントがある?!

https://www.sankei.com/world/news/180319/wor1803190038-n1.html

なんと「コスプレ」したインド人の集まりがあったりするなど、ある一定層にはウケ始めているよう!

ユーマ
主催は大使館!(すごい)

 

では、具体的に「日本のどのアニメ」がインドでは知られているのでしょうか?

 

 

「しんちゃん」と「ドラえもん」が2強

 

インド人の友達に日本のアニメについて話すと必ず出てくるのは、

「しんちゃん」と「ドラえもん」の2つのアニメ。

しんちゃん

インド人の友達は「しんちゃん=”とにかくバカなやつ”」という認識。

コメディー好きなインド人にはウケが良いのかと思われます!

ユーマ
日本では子供に見せたくないランキングが堂々の1位ですね!(笑)

ドラえもん

ドラえもんについて話してみても、興味深い点がいくつもありました!

まずはキャラクターの発音。「ドレェもん(ドラえもん)」「ジィアーン(ジャイアン)」など、完全にインドの発音に変換されているのです。

またドラえもんの食べる”どら焼き”は「Dra-Cake」と呼ばれており、インド人スタッフに、日本で普通に売っていると言ったら、とても驚いておりました(笑)

ドラえもんしか食べられない、特別な食べものと思われているようです!

ユーマ
インドにどら焼きを持って行ったら喜ばれます。

-巨人の星をリメイク!?

 

今から6年ほど前に「巨人の星」をインドでリメイクしたものが放送されました。

その名も「スーラジ・ザ・ライジングスター」

主人公スーラジはヒンディー語で”太陽”の意味で、内容も野球からクリケットへ変更され、スーラジがきつい練習を乗り越えて、立派なクリケット選手を目指すというストーリーとなっております。

 

こちらの記事(https://toyokeizai.net/articles/-/13031)では、制作当時の苦労話や、インドならではのNGをどう乗り越えたかが紹介されており、ぜひ見てみてください。

【みんな知ってた?!】世界の競技人口第4位の「クリケット」というスポーツ!

2018.11.12

今回のまとめ〜!

 

まだまだ日本のアニメの普及率は高いものではなく、みんながみんな日本のアニメを知っているという事ではありません!

しかし近年の爆速的なスマホの普及で、アニメに簡単に触れられる環境が出来つつある気もします。

数年後には、もっとたくさんのアニメの名前が、インドで知られている事になってるでしょう!

今回はこれでお終いです。