【日本ではなかなか飲めない?!】『インド』で飲める有名な「ビール」4つあげてみた!

インド

インドのビールをご紹介!

 

皆さん、お久しぶりです~!

ナマステ〜、ユーマです。

ユーマ
夏になり、もう暑いですね~?インドだけですかね(笑)

40度越えの日が続き、仕事終わりは喉カラカラ。

そう、ビールが進む時期の到来です!

インドでは、アルコールと言えば、ビールかウィスキーワインが主流でして、今回はインドで飲まれているビールを紹介していきます!

 

1.キングフィッシャー

引用:Wikipedia

 

この「キングフィッシャー」はラガー系のビール!

味は若干苦いので、日本のアサヒ・スーパードライに似ていて、夏の乾いた喉には持ってこいです

酒屋さんでもレストランでも必ず最初に名前が挙がるビールの銘柄になります。

ちなみにキングフィッシャーはユナイテッド・ブリュワリーズと呼ばれる飲料製造グループの傘下で、この会社は航空会社を所有していました。

その航空会社の名前は、「キングフィッシャー・航空」ということで、ビールブランド名と航空会社が同じ名前という日本では考えられないような事があります!

2.ビラ(Bira)

引用:エハッドのニューデリー生活

 

こちらは2015年に創業の、インドビール界のニューカマー(NEW COMER)!

これはエールビールのブランドになります。

この「BIRA」は、ラガービールに比べて香りが強く、苦みが少ないのが特徴です。インスタグラム等での広告が目立ち、若い消費者を狙ったビールです。

ちなみにBira自体には意味はないとのことですが、インドのある地方ではお兄さんの事をビラと呼ぶらしいです。

3.トゥボルグ

 

こちらはインドのブランドではなく、デンマークのラガービールブランドになります!

「キングフィッシャーがないなら、トゥボルグにしますか?」というのがだいたいレストランで見る光景。

ユーマ
アサヒないからキリンで良いですか?みたいなイメージです(笑)

インドでは、「メニューに書いてあるビールが今日ないんだ~!」みたいなことは日常茶飯事です(笑)

4.シンバ(Simba)

引用:印サポ活動報告「コーヒーモーニング」開催報告

 

インドのクラフトビールブランド。こちらはラガービールのブランド。

「ビラのまね?」なのか分かりませんが、ロゴにゴリラが入っております(笑)

現在デリー・バンガロール・アッサム・ゴアで手に入れることが可能です!

まとめ〜!

 

今回は4つのビールをご紹介してみました。

このほかに、バドワイザーのような外国産のビールも多種購入可能なので、なかなかインドのビール業界は盛り上がってます!

飲む人と飲まない人がきれいに分かれるインドですが、飲む際はぜひトライしてみてください~