【海外移住】をしている人が、”効率よく”現地で仕事をして「お金を稼ぐ」方法!

全世界




海外移住をしながら現地で仕事をしてお金を稼ぐ方法!

 

こんにちは、カルチャーshock!編集部です!

グローバル化が進む中で「海外移住をしたい」と思っている方も多いはずです。

そこで一番頭を悩ますのは「どうやってお金を稼いでいこう」ということでしょう。

今回は、「海外移住」をしながら、仕事をしてお金を稼ぐ方法をできる限り全て伝授したいと思います!

1:ワーキングホリデー

 

一概に「ワーキングホリデー」と言っても、国やお仕事の種類は多岐にわたるのが特徴です。

「ワーキングホリデー」の良い点は「英語を話せなくても稼ぐことができる」ことで、英語や現地の言語が話せなくても日本人が経営している企業などの仕事を探せばある場合が多いです。

大学生を始めとして、幅広い年齢層の方々で「海外を体験してみたい」という方にも門徒が開かれています!

ワーキングホリデーをもっと知りたい方は、下の記事をご参照下さい⬇︎

 ・【仕事はこう探す!】オーストラリアで(Working holiday)を経験した僕が伝授しよう!

・ オーストラリアで「Working holiday」を経験した僕が語る「ワーホリ」の実態と現実!

デメリット

現地の言語や英語のスキルがないと時給が高い仕事を与えてもらえず、安い賃金で働くことになります。

そしてエージェントなどを通さないと、仕事がなかなか入らないこともあります。

海外へ行く前に勤務先を準備しておくことも、リスクヘッジとして重要になります!

 

  • 難易度:☆☆
  • 即効性:☆☆☆
  • 収益性:☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆☆☆☆

2:ブログ・アフィリエイト

 

ネット社会の現代に、”働く場所”というのはそれほど重要な要素ではなくなってきました。

海外に移住して「ブログ」や「アフィリエイト」を継続しながら生計を立てている人が普通にいるのが現状です!

自分の好きな場所で作業をしながらお金を稼げる最高の仕事。一度お金を稼げるようになれば、ある程度、長期スパンで収益性を見込むこともできます。

この「ブログ・アフィリエイト」は収益に即効性はないのですが、「海外で”ノマドライフ”をしたい」と夢を見ている人には、最高のツールです!

デメリット

しかし、もちろんいくつかのデメリットもあります。

先程も言った通り、これらは「即効性」という部分では欠けるということと、作業時間が半端じゃなく必要になるということです(笑)

ある程度お金と時間に余裕のある時からやっておくことをおすすめします!

  • 難易度:☆☆☆☆
  • 即効性:☆
  • 収益性:☆〜☆☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆☆☆☆☆

3:クラウドソーシング


今、流行りの「クラウドソーシング」というのを、あなたはご存知でしょうか。

これは「クライアントをサイト内で探し、自分で仕事を受注できるプラットフォーム」のことです。

一握りだと思いますが、これを使って月に数十万円稼いでいる人もいるそうです。単純に凄い!

このクラウドソーシングサイトの代表的なものとしては、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などが挙げられます。

ランサーズ

クラウドワークス

  • ライティング
  • プログラミング
  • 翻訳
  • イラスト・グラフィック
  • 動画作成
  • Webデザイン

などなど、これ以上にもたくさんの案件がここでは受注することができるので、中長期的に「お金が必要になった」という方にはおすすめのツールです!

スキルを持っている人、持っていない人、どちらにも対応しています。

しかし成功事例はあるので、まずやってみることもおすすめします!

デメリット

このクラウドソーシングのデメリットといえば、「案件の単価が安い」ということです。

ブログやアフィリエイトよりは断然即効性はあるものの、その分単価は安いので、お小遣い稼ぎとして使うくらいが丁度良いです!

そして受注をしていく中で評価を上げないと、仕事が回ってこないので、最初は我慢して継続する必要があります。

  • 難易度:☆
  • 即効性:☆☆☆☆☆
  • 収益性:☆〜☆☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆☆☆☆

4:YouTube

 

最近、話題の「YouTube」を通して動画コンテンツを提供することによってお金を稼ぐことも可能です!

現地での生活や風景などを動画にして、独自のコンテンツを作ることによって、集客する方法などが挙げられます。

「ブログやアフィリエイトよりも稼げる」とも言われている、今が旬のお仕事です!

集客するのには苦労するかもしれませんが、海外移住者が一度ポジションを掴めば競合が少ないので有利です。

デメリット

これもブログやアフィリエイトと同様に、収益化するのに膨大な時間が掛かるので、長期スパンで考える必要があります。

そして機材などのコストもある程度は掛かるので、貯金を切り崩す必要があるかもしれません!

  • 難易度:☆☆☆
  • 即効性:☆☆
  • 収益性:☆〜☆☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆☆☆☆

 

5:現地で起業

 

「海外で起業するぞ」という大志を抱いている方は、現地で仕事を自分で作ることも可能です!

日本というブランド力のある国名を全面に出したレストランをしたり、自分で仕入れた商品を販売したり、好きなことでお金を稼ぐ方法があります。

ベトナムの友達が言っていたのですが、ベトナムにある日本食レストランは予約で埋まっている程だそうです!

デメリット

やはり「現地での起業」は時間・お金の両方のコストが莫大に掛かってしまうので、海外移住する前から計画をしていくことをおすすめします。

そして失敗した時のリスクは、日本で起業する場合よりも大きいのは覚悟の上でやるべきです!

本当にやりたい気持ちがない場合は、おすすめできないです。

  • 難易度:☆☆
  • 即効性:☆
  • 収益性:☆〜☆☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆

6:日系企業に就職


日系企業で現地採用している所もあるので、そこであなたが取得しているスキルや知識を活かすこともできます!

海外支店を保有している大手企業や海外に拠点を置いているベンチャー企業で働くことで海外移住の夢が実現されます。

海外転職エージェントとして代表的なのは「ビズリーチ・JACリクルートメント」などがあり、海外転職サイトでは「WORLD POST」があります。

これらのサイトに登録して、現地でのお仕事を見つけるのも非常におすすめです!

デメリット

初めから海外勤務はハードルが高いので、日本で何年か勤務して実績を積む必要があります。

そして採用を募集している現地の日系企業を探す必要があるので、エージェントや知人の紹介などがなければハードルは上がります。

そのため、海外移住する前から探しくのがおすすめです!

  • 難易度:☆☆
  • 即効性:☆
  • 収益性:☆☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆☆☆

7:ツアーコンダクター


現地のツアーをサポートする「ツアーコンダクター」になるのも一つの手です!

業者によっては、資格なし・経験なしの状態で「ツアーコンダクター」になることができるので、海外移住している人には、おすすめできます。

海外移住者がフリーランスとして活動している場合や、ツアー参加者と交流を図りたい方、そして何よりお金が必要な方は、これに登録してみるのをおすすめします!

デメリット

現地のツアーを行う上である程度は、現地の情報や知識を学習する必要があり、それには多少の時間的コストが掛かります。

そしてツアーに参加している人に、何か病気や怪我があった時に、応急処置が取るためにも多少なりとも現地の言語を取得しておく必要があります。

英語や現地の言語に自信のない方は、「通訳機」を使ってたり常備したりするのもアリです!

現地の言語にも慣れてくれば、非常に安定したお仕事になりそうです。

  • 難易度:☆☆☆
  • 即効性:☆☆☆
  • 収益性:☆☆☆☆☆
  • おすすめ度:☆☆☆

8:路上パフォーマンス


仮にあなたがスキルや趣味を持っていれば、路上でパフォーマンスしてお金を稼ぐのもアリです!

路上パフォーマンスであれば、コストを掛けずに稼ぐことができる上に、即効性もあるので人目を気にしない方にとっては非常におすすめかもしれません。

「路上パフォーマンス×YouTube」というのも面白そうですね。海外にはチップ文化が根付いているので、「思ったよりも稼げた」という人もいます!

デメリット

ユニーク性やスキルが必要という点と、人目を気にしてしまう日本人には少しハードルが高いところです(笑)

しかし正直、これと言ったデメリットは思い浮かばないですね。なぜならコストや場所、時間に囚われることもなく、お金を稼ぐことができるからです!

日本の文化的な「習字」や「漫画」などを活かした路上パフォーマンスをすることで収益になるかもしれません!

  • 難易度:☆☆
  • 即効性:☆☆☆☆☆
  • 収益性:???
  • おすすめ度:☆☆☆☆☆

 

まとめ

 

ネット社会に生まれた私たちは、場所を問わずに仕事できます!

パソコンやスマートフォンがあれば、わざわざ物価の高い日本に住む必要もないのです。

ある種、「海外移住」のハードルが下がったとも言うこともできます。

しかし現地に行って身動きできなくなる前に、現地でお金を稼ぐ必要のある方は、海外移住する前から仕事を探したり、自分で稼ぐ人は何かしらのツールを確保しておくことが重要です。

現地で楽しく、快適に過ごすためにも、是非この記事を参考にしてみて下さいね!

関連記事

・【海外転出届】を出す『メリット・デメリット』を「住民票・保険」も合わせて徹底解説!