【なんだこれ?!】韓国人の僕が『韓国』の面白い「都市伝説」をいくつか紹介します!

都市伝説 韓国

『韓国』の面白い「都市伝説」をネイティブの僕が紹介!

 

お久しぶりの記事ですね!

アンニョンハセヨ韓国人のレオです🇰🇷

今回の記事では”韓国のちょっと笑える都市伝説”を紹介したいと思います。

多くの韓国人は信じてないけど、みんな知ってることなので、

韓国人との話す時の話題として使えば話が盛り上がると思います!

1:名前を赤色で書くのはダメ?!

 

なんで”赤色で名前を書くのがダメ”なのかその理由が予想できますか?

昔の韓国では、赤色で書いた名前は死人の名前だと思われ、名前を赤色で書いたら寿命が短くなるという説がありました。

いまの時代には赤色で名前を書くのに意味を付けないひとが多いですが、年寄りにはまだ赤色で名前を書くのが日本だったら“死ね”と同じ感覚で伝えるそうです。

この都市伝説の由来は、赤が血の色だから不吉なことを連想するからだと思われます。

レオ
韓国人の名前を書くときは万が一のため赤は使わないようにしましょう。(笑)

2:恋人に靴をプレゼントするのもダメ?!

 

説明を読む前に、なんで靴がダメなのか予測しましょう。

韓国ではペアで靴を買うのは大丈夫ですが、プレゼントをしたら不吉なことが起こると信じています。カップルで不吉なことだったら別れですね。しかも靴をプレゼントしたら相手がその靴を履いて浮気をしに行くから分かれるという馬鹿馬鹿しい都市伝説でした。

この都市伝説は若い人でも気にする人が結構いるので、プレゼントと選択肢が狭くなるので困ります。

3:雨の時、傘を持たずに外に出たらハゲになる。

 

この都市伝説の由来は、「現代は環境汚染が進んでいるため雨が酸性雨になり、その酸性雨がハゲになる大きな原因」だと思われています。

小学生の時、傘を持ってない子に“そろそろハゲになるぞ”といたずしたり(笑)、ハゲになり始めた人がその理由を酸性雨にする事が多いです。(笑)

レオ
ハゲは遺伝ですよ!

4:扇風機は連続殺人犯?

 

韓国のバカみたいな都市伝説の代名詞の”扇風機死亡説”です。密閉された部屋で扇風機をつけっぱで寝たら窒息死や低体温症で死ぬ可能性があるという都市伝説です。

この都市伝説はアメリカでめっちゃ馬鹿にされて英語で「Fan Death」という名前も付けられました(笑)

この都市伝説の由来は扇風機が韓国に始めて紹介された時、“夜中につけっぱに寝たら風邪ひくかも知れないよ”が誤伝されていつの間にか扇風機が人を殺す危険なものになってしまったようです。

レオ
まだ信じてるひともいるそうですし、100年以上の歴史(?)があるようです。

 

まとめ

 

面白かったですか?

韓国人との会話で面白い話題にはなると思いますが、使い過ぎたらキレる人がきっといるので、あんまりにバカにしないぐらいで使ってください。

カムサハムニダ!

 

ライター募集してます。