【海外旅行】へ行く前に”これだけ知っておきたい”よく使う『英語フレーズ』7選!

全世界

 

こんにちは!

Ryosukeです。

読者の皆さんの中で海外旅行に行きたいけど、英語ができないから不安という方が多いと思います。

 

英語が全然できない…けれど海外旅行に行きたい!

 

という方のために、最もシンプルでかつよく使う海外旅行の英語フレーズをピックアップしました!

これだけ覚えておけば、海外でトラブルにあったときや事前にトラブルを回避する事に役立つはず。

逆にこれらのフレーズを最低限覚えておかないと空港で、観光地で、現地のタクシーで…トラブルに遭うなどせっかくの旅行が残念なことになってしまうかもしれませんよ!

 

絶対に覚えておきたい、よく使う英語フレーズ7選!

よく使う英語フレーズ

 

人に何かを聞くときはまず最初に、超シンプルですが、これを覚えておくと良い英語フレーズをまず1単語ご紹介します!

それは‥

Aさん

Excuse me? 

です。

Excuse me?を付けるとより好印象で、相手もより丁寧に教えてくれます!

1.道の聞き方

 

観光地で道に迷ったときに、道を聞けないとグーグルマップや紙の地図に頼ることになるでしょう。

しかし国によっては、観光地からすぐそばにスラム街があったり、大通りから1つ道をずれると治安の悪い小路に出てしまうことも少なくありません!

実際、私はブラジルにいたときスラム街出身の友達が何人かいましたが、彼らの認識では観光客はカモで、簡単に金品を奪える対象になりやすいと言っていました‥。

そういったトラブルを回避するために、この英語フレーズを使って安全な道を通り目的地までたどり着きましょう!

Aさん

”Could you tell me the way to the 〇〇?”(〇〇には地名や目的地が入ります)

 

”〇〇までの道順をおしえてくれませんか?”

私もこのフレーズには何度もお世話になりましたし、よく使うフレーズなので頭に叩き込んでおきましょう(笑)

 

2.相手の英語の返答がわからなかった時など、聞き返す際のフレーズ

 

ホテルでのチェックインの際や人に道を聞いたときに、相手の英語が流暢すぎて聞き取れないことがあると思います。だって、相手はネイティブな訳ですから!

また、国や地域によって英語の癖や発音の違いもあるので、より理解が難しい時があります。

そういったときに、聞き直す必要が出てくるでしょう。

 

そんな時には‥

Aさん

”Sorry,Could you say that again?”

 

”すみません、もう一度言ってくれませんか?”

 

聞き直し方がわからなくて、中途半端に理解してその場を後にしてしまうと、後々困ることがありますので必ずしっかり理解してから観光しましょう!

 

3.ホテルやレストランでトイレなどの場所を聞く際に使えるフレーズ

 

「行きたい場所があるけど、場所がわからない…」

なんて時には恐れずにこの英語フレーズで突破しましょう!

Aさん

”where is the 〇〇?” [〇〇にはbathroom(トイレ)や観光地の目印になるものが入ります]

 

”〇〇はどこですか?”

 

このフレーズは超簡単ですよね?

紹介しようかと迷ったのですが、超重要なフレーズなので、一応解説しておきました。

自力で見つけるのも手ですが、時間がかかってしまいます…。

分からない時にはちゃっちゃと聞いて、その時間を観光に充てれればもっと楽しめるはずですよ!

 

4.海外のタクシーやその他交通機関で使える、運賃の聞き方

 

タクシーに乗って目的地に行きたいけれど、値段がわからないから不安…

英語もあまりできないから適当にタクシーに乗っちゃうとぼったくられそうで怖い...

海外でタクシーやその他の交通機関を使うときは、最初に予想される値段を聞いてから使ったほうが断然安心です!

 

Aさん

”How much is the taxi fare to the 〇〇?”

 

”〇〇まで(タクシーで)いくらぐらいですか?”

 

この〇〇は目的地を指しますので、好きな地名などを入れてください。

また、taxiの部分を他の交通手段に書き換えると、その交通手段に乗った場合の値段を聞けます。

ぼったくられて、無駄な出費を増やさないように気をつけて下さいね!

 

5.レストランやショップなどで注文する際のフレーズ

 

レストランやアパレルショップなどで注文しようにも、聞き方がわからないという場合にはこのフレーズたった1つで90%は大丈夫です!

 

Aさん

”Can I have 〇〇?”(〇〇には商品名)

 

〇〇をもらっていいですか?〇〇をお願いします。

 

メニューを指さしながら、「Can I get this ?」といえば、正しい発音がわからなくても注文することができるのですごく便利です!

これもよく使うフレーズなので、海外旅行へ行く前に習得しておきましょう!

6.海外旅行先で、写真を人に取ってもらうためのフレーズ!

 

せっかく海外旅行に来たからには、写真を撮ってもらいたいですよね!

けれど英語ができないから頼むことができなくて…結局セルフィ―で…なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時はこのフレーズで乗り切りましょう!

Aさん

Could you [please] take a photo of me/us?

 

私(私達)の写真を撮っていただけませんか?

 

Could you はとても丁寧な言い方なので、見知らぬ人へお願いする場合に有効です!

それに「Please」などもつけておくと、さらに丁寧な言い方になるので、日本人らしさが表現できるのではないでしょうか?(笑)

 

7.東南アジアや発展途上国によくあるセールスをスルーするフレーズ

 

東南アジアや発展途上国では、お店の人が観光客の人の手を引いて店に引き込んだり、店で商品を見ているだけなのに様々な商品を押し売りされてしまうトラブルがあるようです。

そういった時にちゃんと断る言葉を知っておかないと、要らないものを買わされてしまうかもしれません。

お店で商品を見ているだけの時に話しかけられた場合は、

Aさん

Thank you. I’m just looking.

 

ありがとう、でも見ているだけです。

 

一方的に商品を押し売られそうになった場合は、

Aさん

”It’s ok. No thank you.”

 

”いいえ、結構です。”

 

これらのフレーズで無駄な出費を回避できます(笑)

これらの7つの、よく使う英語フレーズを覚えておけば、観光地における立ち回りはやっていけるはずです。

海外旅行にこれから行くあなたはもちろん、友達にも教えてあげてください!